研究機器の紹介と利用申請

1.利用できる研究機器

  • フォッサマグナミュージアムが所有している研究機器は、研究や体験教育旅行で利用することができます。
  • 分析機器を利用したい場合は、あらかじめフォッサマグナミュージアムまでお問い合わせください。

①岩石カッター・グラインダー

岩石を切断するダイヤモンドカッターが2台、岩石の切断面を磨くグラインダーが4台あります。体験学習等で、石を切断したり研磨したりすることができます。

research-equipment_for-use-030

岩石カッター

research-equipment_for-use-040

グラインダー

research-equipment_for-use-020-01

グラインダーでの岩石研磨実習

②偏光顕微鏡、双眼実体顕微鏡

岩石の薄片を観察する偏光顕微鏡が11台、双眼実体顕微鏡が13台あります。花崗岩など主要岩石の薄片も用意してありますので、岩石の顕微鏡観察や火山灰の観察等が可能です。

research-equipment_for-use-010

火山灰の観察実習

③分析走査型電子顕微鏡(SEM-EDS)

日本電子のJSM-6510LAを利用して、岩石の微細領域の観察や半定量化学分析が可能です。直径5cm程度までの試料が分析でき、低真空モードを利用すれば、試料に蒸着は必要ありません。EDSによる微細領域(ミクロンオーダー)の半定量化学分析、組成マッピングが実施できます。

research-equipment_for-use-050

JSM-6510LA

④粉末X線回折装置(XRD)

リガク製のRINT2100はモノクロメーターが装備されていないため、低角側のピーク(20°以下)の検出は困難ですが、一般的な鉱物種の同定は可能です。

research-equipment_for-use-060

RINT2100

2.委託分析

  • フォッサマグナミュージアムでは、分析走査型電子顕微鏡による半定量化学分析やX線粉末回折装置による鉱物種同定等の分析サービスを行っております。
  • 利用される場合は、資料の状態、個数、納期などの関係でお引き受けできないこともありますので、事前にフォッサマグナミュージアムまでご相談ください。

委託分析料金

内容単位手数料(円)備考
岩石切断加工1回500円切断面7cm×7cm以下
岩石粉砕加工1試料2,000円粉砕のための前処理を含む
分析走査型電子顕微鏡による
半定量化学分析
1試料5,000円半定量分析結果表添付
走査型電子顕微鏡
写真撮影
1試料
3視野
3,000円前処理及びデジタル写真データの記録を含み、プリントは含まない
追加
1視野
500円上記に追加して1視野増すごと
X線粉末回折装置による
鉱物種同定
1試料5,000円前処理を含む。分析結果表添付
重液検査1個300円X線粉末回折装置による鉱物の同定

委託分析の申請書

第07号博物館分析等依頼許可(分析等依頼手数料減免)申請書(wordファイル 37KB)