新潟焼山って何だろう

北斜面

東斜面

西斜面

南斜面

糸魚川市と妙高市の境界にある焼山(標高2400m)は、フォッサマグナ最北端に位置する活火山であり、気象庁によって24時間体制で観測が行われている、日本列島でも危険な活火山です。秋田県にも焼山という活火山があり、混同されないために、新潟焼山、秋田焼山とそれぞれ呼んで区別することがあります。
焼山は、約3000年前(縄文時代)に誕生した非常に若い火山であり、過去の大噴火では、火砕流が日本海まで到達しています。このマグマ噴火(大噴火)は100年~400年間隔で起こっており、現在は、最終のマグマ噴火(1773年、江戸時代の安永年間)からおよそ250年が経過しています。マグマ噴火とマグマ噴火の間には、10年~数十年間隔で水蒸気噴火が起こっています。1974年の水蒸気噴火では、登山中の学生3名が犠牲になっています。
焼山の火山防災は、糸魚川市が取り組む最重要の課題です。

焼山のマグマ噴火

マグマ噴火の際には、溶岩、火砕流、噴石、火山泥流、土石流などが発生しています。このうちの溶岩や火砕流、土石流のほとんどが、糸魚川市の早川谷に沿って北方へ流れ下っています。

 

過去のマグマ噴火は4回あります。
 ①焼山誕生時(約3000年前)
 ②鎌倉時代(13世紀)
 ③室町時代(14世紀)
 ④江戸時代(18世紀)
鎌倉時代と室町時代の噴火では、火砕流は日本海まで約20km流れ下っています。溶岩流は、鎌倉時代には笹倉温泉のすぐ南まで到達しており、室町時代には、火口の上に盛り上がって、今の溶岩ドームをつくりました。今の焼山は「室町新山」です。

   

観測体制

観測体制(平面)

観測体制(イラスト)

地震計地下のマグマの動きをとらえます。
傾斜計マグマの上昇による地面の膨らみ具合をとらえます。
人工衛星地面の伸び縮みをとらえます。
空振計噴火をキャッチします。
望遠カメラ火山表面の変化を見ています。

噴火に備えて

最終のマグマ噴火(江戸時代)から約250年が過ぎており、次のマグマ噴火に備える必要があります。マグマ噴火は、先ず、水蒸気噴火から始まると予想されます。マグマ噴火へ移る時には、地下から大量のマグマが上昇してきますので、地震計や傾斜計、人工衛星の観測によってとらえることができると考えられます。気象庁が発表する情報に基づいて、避難するかどうかが決められます。
マグマ噴火に移行せず、水蒸気噴火で終息する場合もあります。その時は、次の水蒸気噴火までの時間の猶予が得られます。水蒸気噴火のたびに、発表される正確な情報を知っておくことが必要です。また日頃の避難訓練も大切です。

焼山登山

焼山は活火山です。下記の情報をご確認後、登山届を作成し、提出してください。

新潟県(登山届等、焼山登山に関する注意事項、資料等)

http://www.pref.niigata.lg.jp/bosaikikaku/yakeyama.html

気象庁(新潟焼山の活動状況)

https://www.data.jma.go.jp/svd/vois/data/tokyo/STOCK/activity_info/307.html

オンラインによる登山届
山と自然ネットワーク コンパス

https://www.mt-compass.com/usage.php