海岸で石を探そう

1.海岸の石はどこから来るの?

 糸魚川の海岸を歩くと、ヒスイをはじめさまざまな色や形、模様の石があることが分かります。これらの石はどこから来たのでしょうか。

 糸魚川の海岸で探すことのできるヒスイは、元は糸魚川の山奥の川にありました。この場所は、小滝川ヒスイ峡や青海川ヒスイ峡と呼ばれ、直径数メートルのヒスイ原石があることから国の天然記念物として保護されています。巨大なヒスイ原石は、川の流れによって砕かれ、小さな砂利となって河口まで運ばれます。そして、海流に乗って糸魚川の海岸にまき散らされます。このように、海岸にある石は、元々川の上流にあったものが運ばれてきたものです。そのため、海岸にある石を見ると、川の上流にどのような種類の石があるか知ることができます。

小滝川ヒスイ峡

2.石探しの注意点

 糸魚川は地形と地質が複雑なため、川の上流にはたくさんの種類の石があり、それらが海岸に流れ着いています。糸魚川の海岸での石探しは楽しい活動ですが、以下のことを守って石探しをしましょう。

必要なだけ拾おう、楽しんだら返そう

糸魚川はユネスコ世界ジオパークに指定され、石を守りながら利用する活動を進めています。糸魚川にはヒスイなどめずらしい石がたくさんありますが、これらも限りある資源です。めずらしいからといって10個、20個と拾うのではなく、必要な分を拾ったら残りは海岸に返し、必要以上に採らないようにしましょう。拾った石を家で楽しんだら、拾った海岸に戻しましょう。みなさまの取組みが、持続可能な石探しにつながります。

大きな石は拾わないようにしよう

海岸にある大きな石は、波で砕けると何十個もの小さな石になります。そのため、大きな石を拾うことは、未来の何十個もの石を拾うことにつながります。石も限りある資源です。未来の小さな石のために大きな石は拾わないようにしましょう。

波が高いときの石探しは止めよう

天候が悪い場合、海岸に打ち寄せる波が高くなります。このような場合は、絶対に海岸に近づかないでください。海が荒れた日に石探しをすることは、危険な行為です。また、波は穏やかに見えても急に高くなることがあります。海岸に背を向けて石を探すことは止めましょう。

3.海岸で石を探そう

色々な石を探そう

糸魚川の海岸に落ちている石は翡翠だけではありません。お墓などの石材になる花崗岩や、恐竜の生まれる前の時代のプランクトンの死骸が集まったチャート、磁石に付く蛇紋岩などさまざまな石があります。石には「石」という名前はありません、全ての人間に名前が付いているように、糸魚川の海岸にある全ての石に名前があります。ぜひ、石のリーフレットやいしのまち糸魚川のホームページ、フォッサマグナミュージアムの展示を参考にさまざまな種類の石を探してみてください。

石のリーフレット

いしのまち糸魚川 ホームページ

石の名前を調べよう

石は動植物と違い、同じ種類でも形や色が異なることがあるため、石の分類は難しいと感じるかもしれません。フォッサマグナミュージアムでは、石の鑑定サービスを無料で行っており、石の名前を知るお手伝いをしています。海岸に行く前に石について勉強したい場合や、石を拾った後に石の名前を知りたい場合にご利用ください。石の鑑定サービスには、利用日や個数制限があります。詳しくは、石の鑑定サービスのペーシをご覧下さい。

石の鑑定サービス