ナウマン博士

ハインリッヒ・エドムント・ナウマン

Heinrich Edmund Naumann (1854~1927)

Keywords:明治時代、ドイツ人、お雇い外国人、地質学者、ナウマンゾウ

ナウマン博士は、ドイツの地質学者で、明治政府の招きで弱冠20才で来日しました。
明治8年(1875年)~明治18年(1885年)の10年間に行った主な仕事は、東京大学地質学教室の初代教授となって地質家を養成したこと、現在、茨城県つくば市にある国の調査機関、地質調査所の設立に尽力し、設立後は、調査責任者として、日本列島の地質調査に従事し、日本初の本格的な地質図を完成させたことです。
近代地質学を伝えたことと地質図をつくったことは、明治の殖産興業に大いに貢献したにちがいありません。
調査は北海道を除く地域で行われ、調査距離は1万kmにもおよびました。
当時は、等高線のある地形図はなく、あったのは伊能図の海岸線の輪郭図のみでしたから、地形図をつくりながら(測量しながら)、地質調査をするといった大変な仕事だったようです。
野尻湖の湖底発掘で有名なナウマンゾウの名前は、日本でゾウの化石をはじめて研究した博士の名前にちなんでつけられました。

青年時代のナウマン博士

晩年のナウマン博士

ナウマン博士の調査ルート

ナウマン博士が日本に滞在した期間は9年足らず。しかし、その間にナウマン博士はなんと1万kmもの距離を調査しています。

この距離は、東海道新幹線で東京駅と京都駅の間を10往復したものに相当します。

ナウマン博士が調査に当たった頃は、ようやく鉄道が新橋・横浜間や京都・神戸間にできたばかりでしたので、調査のほとんどは徒歩や馬による移動でした。

さらに当時の日本では地質調査に使えるような精密な地図がありませんでした。(伊能忠敬の地図には、海岸や主要街道を測量していったため、輪郭は正確ですが、内陸の情報が少なかったのです。また、等高線も描かれていませんでした。)このため、ナウマンの地質調査は、地形図を作りながらの作業でした。

ナウマン博士のフォッサマグナ ― 大地の大きな溝

フォッサマグナ(Fossa Magna)はラテン語で、「大きな溝」という意味です。

左の図にように、古い時代の岩石(おもに中生代・古生代、「薄い茶色」)でできた 、ほぼ南北方向の溝の中に、新しい時代の岩石(新生代、「緑色」)がつまっています。

この溝は、上空から見下ろしてわかるような、地形的な溝ではなく、山々をつくっている地層や岩石を知ってはじめてわかる「地質学的な溝」です。この「地質学的な溝」を、ナウマン博士は「フォッサマグナ」と呼びました。

ナウマン博士は、フォッサマグナの西縁を糸魚川 -静岡構造線、東縁を直江津-平塚線と考えました。

このようにフォッサマグナは、三次元の地質構造(二次元の広がりを呼ぶ場合もある;フォッサマグナ地域など)をさすものです。したがって、糸魚川-静岡構造線は、その西縁の境界面(断層面)ですから、「フォッサマグナ 」と「糸魚川-静岡構造線」は同じ意味ではないことに注意してほしいと思います。

また、フォッサマグナのもう一つの地質学的な特徴は、フォッサマグナの真ん中に南北方向の火山列があることです。北から代表的な火山をあげると、新潟焼山・妙高山・黒姫山・飯綱山・八ヶ岳・富士山・箱根・天城山などです。

フォッサマグナの地下には、フォッサマグナの部分が落ち込んだ時にできた南北方向の断層があって、それを通ってマグマが上昇し、南北方向の火山列ができたと考えられています。

現在のフォッサマグナの範囲 
溝の深さは、6000メートル以上

ナウマン博士がフォッサマグナを命名(1886年)してから、120年以上もたちましたから、日本列島の地質調査も大きく進展しました。この結果、ナウマン博士が予想したようなフォッサマグナの東縁を示す明瞭な境界(直江津-平塚線)は見つかりませんでした。

そこで、明瞭な地質学的な溝をさがすとすれば、左の図のように、西縁は糸魚川-静岡構造線、東縁は新発田-小出構造線と柏崎-千葉構造線にはさまれた地域となります。

現在、この地域をフォッサマグナと呼ぶことが一般的なようです(しかし、このフォッサマグナを認めない立場もあります)。この範囲をフォッサマグナとすると、フォッサマグナの中に古い時代の岩石でできた関東山地が残って奇妙です。

しかし、関東山地を、フォッサマグナが落ち込んでできた時の落ち残りだと考えると、現在のフォッサマグナの範囲を受け入れることができそうです。

さて、フォッサマグナの溝の深さはどれくらいあるのでしょうか。左の図で、黄丸印は、深さ6000m級のボーリング調査が実施された位置です。

しかし、それらのボーリングは、新しい地層の下にあるはずの古い時代の岩石に到達することができませんでした(上の図)。

したがって、深さは6000m以上ということになります。また、北アルプス(古い時代の岩石)は標高約3000mあり、越後山地(古い時代の岩石)は約2000mありますからますから、それらの標高を足すと8000m~9000m以上の深さがあることになります。ちょうど、ヒマラヤ山脈がすっぽり埋まってしまう、隠された溝があるのです。