石の鑑定サービスの変更について

石の鑑定サービスの変更について

石の鑑定サービスが、平成31年4月27日(土)から以下の通り変更となります。 (下線部太字=変更点)

鑑定日・鑑定時間

  • 鑑定サービス日  火・木・土・日、祝日
    ※ゴールデンウィーク(4/27-5/6)、お盆期間(8/13-15)は実施
  • 鑑定サービスのお休みの日
    月・水・金(祝日の場合は実施)
      年末年始 (12月28日~1月4日)・休館日
      クラシックカーレビュー(9月第一日曜日)
      春休みや夏休みの月・水・金
      学芸員が不在の時
  • 鑑定サービスの時間
    10:00~12:00
    13:00~16:30(受付終了)

※やむをえず学芸員が不在の場合がありますがご容赦ください。ご来館の前にお電話で学芸員が在席かどうかお確かめいただくと安心です。

石の鑑定の条件

  • 鑑定しない石
    1. 長さが15cm以上のもの
    2. ぬれている石、よごれている石
    3. 販売目的の石(ネット販売を含む)
    4. 装飾品など加工・研磨された石
  • 鑑定個数
    お一人様5個まで(一日につき2回まで)

子どもたち(18歳以下)へのサービス

夏休みには、石の学習・研究支援のため、特別なプログラムを実施する日を設定します。

鑑定料

無料

その他

  • 鑑定のようすの撮影
    個人的な記録としてご利用の場合のみとさせていただきます。
      SNS等にアップすることはご遠慮ください。
  • 団体のお客様(10名以上)
    事前に電話でご予約ください。

サービス変更の理由

岩石資源の保護と鑑定サービス以外の学芸員業務の時間確保という目的から、平成30年度より月・水・金を鑑定休止日とさせていただきましたが、 サービス利用者が平成29年度の1万7千人から平成30年度は2万1千人へと増加しました。土日祝日や長期休暇には、たいへんな混雑となりお客様にご迷惑をおかけする事態となっています。日本の科学系博物館の中でもユニークな取り組みである石の鑑定サービスをこれからもお客様に持続的に提供できるよう、鑑定をする日と鑑定個数を変更させていただくことにしました。ご不便をおかけしますが、ご理解とご協力をお願いいたします。