【ミニ企画展】松本清張と万葉翡翠 -求めて得まし玉かも- (2022/9/3~11/30)

【ミニ企画展】松本清張と万葉翡翠 -求めて得まし玉かも-
と き
2022年9月3日(土曜日)~2022年11月30日(水曜日)
ところ
フォッサマグナミュージアム ふるさと展示室
見学料
無料
内 容
松本清張(1909 年-1992 年)は、『点と線』、『目の壁』など社会派推理小説を執筆した作家です。考古学にも強い造詣があり、1961年に糸魚川のヒスイと古代史を題材とした『万葉翡翠』を雑誌『婦人公論』で発表しました。
このミニ企画展では、糸魚川のヒスイが題材となった小説『万葉翡翠』を中心に、松本清張関連の書籍や作中の場所を紹介します。
万葉翡翠の展示
万葉翡翠の書籍